給湯器の取り替え時期

  • ヒートポンプを導入するメリット

    • 熱を得る方法にはいくつかの種類がありますが、熱を得るには多くのエネルギーを消費することになります。このため消費されるエネルギーを少なくし効率よく熱を取り出す方法が開発されていますが、そのひとつがヒートポンプと呼ばれる方法です。

      ヒートポンプでもっとも身近な存在としてはエアコンや冷蔵庫があります。この仕組みでは熱媒体などを用いて圧力差による温度変化を利用して大気中の空気との熱交換を行うというものです。


      これは圧縮することによって熱媒体の温度を上昇させ、膨張弁を使って気圧を急激に下げることによって熱媒体の温度を下げる仕組みで、これを循環することで熱を得たり、反対に熱を奪うことになります。

      この仕組みは主にエアコンや冷蔵庫などの温度を下げるために広く使われているものですが、投入したエネルギーに対して、多くの熱を得ることができるため、熱を得る方法としても使われるようになっています。

      ヒートポンプの省エネ率としては1の電力と6の大気熱で、7の熱エネルギーを得ることができます。
      このため電力を電熱線などを利用して熱を得る方法よりも遥かに効率的に熱を得ることができます。
      これらヒートポンプを利用することで電力の消費量を抑えて、効率よく熱を得ることができるため、これまでのエアコンや冷蔵庫といったものの他にもエコキュートと呼ばれる、給湯器にもつかわれていますし、洗濯乾燥機などにも使われるようになっています。またエコキュートによる給湯によって効率よくお湯を手に入れることができるため、温水式の床暖房としても使われています。このため一般家庭のほか病院や学校、宿泊施設、農業などの分野で効率よく熱を得る方法として使われるようになっています。
      一方でヒートポンプを利用する方法としてネックとなるのが温度です。この方式では、大気中の熱を熱媒体が圧力によって変化する性質を利用して行うというものです。
      このため、熱を得るには大気熱に依存するため、極端に温度が低い場合には熱を取り入れてしまうと排気される温度はマイナスに達します。

      熱触媒そのものはマイナスでも凍結することはありませんが、マイナスになると周辺の水分が凍結する可能性がありますし、何よりも温度差が大きいほど大量の電気が必要になります。

      これは冷房をする場合も同様で、冷房の場合には気温が高ければ放熱するために高い熱を排出するため夏場のヒートアイランド現象の一因にもなります。
      このため年間を通して気温差が激しい地域の場合には思ったような省エネとしてのメリットを得られないといった場合や、あまりにも低温の場合には室内に十分な暖気を得ることができない場合があります。
      このような欠点を解消する方法として地中熱利用が行われるケースもあります。
      これは熱を大気熱ではなく地中熱に置き換えたもので、地中が一定の深さになると温度が安定する性質を活かしたもので、これによってオールシーズン、省エネルギーで熱を取り出したり逃がすことができます。











      https://allabout.co.jp/gm/gc/460432/

      http://girlschannel.net/topics/486658/

      https://news.nifty.com/article/world/china/rcdc-138029/

  • 関連リンク

    • 給湯器が壊れてしまうと、お風呂を沸かすことや温水の供給、さらに温水暖房などができなくなり、生活がしにくくなります。一回でも壊れてしまうと、生活の重要な部分ができなくなり、とても不都合です。...

    • どの家庭にもある給湯器は、突然思い掛けない故障が発生したり、急に使えなくなることがあります。状態によっては、騙し騙し使えることもありますが、通常は時間と共に悪化するので、直ぐに使用を中止して、修理を依頼した方が良いでしょう。...