給湯器の取り替え時期

  • 給湯器の修理が必要なケース

    • どの家庭にもある給湯器は、突然思い掛けない故障が発生したり、急に使えなくなることがあります。


      状態によっては、騙し騙し使えることもありますが、通常は時間と共に悪化するので、直ぐに使用を中止して、修理を依頼した方が良いでしょう。仮に給湯器が使えるとしても、異音が発生していたり、度々お湯が出なくなる場合は、故障が悪化して問題が大きくなる恐れが強まります。
      修理が必要かどうか、これは事前に判断出来る可能性があるので、故障したと断定するのではなく、状態を見て確認することがおすすめです。
      一般的な給湯器には、自己診断機能が備わっていますから、外部的な要因か内部に原因があるか、エラーコードを読み取って原因を判断することが可能です。
      ただ、自己診断機能はあくまでも、予め決められた通りに動作するだけなので、複数の要因が潜んでいれば、正常に診断されない場合もあります。
      まずはエラーコードに目を通し、その内容に従い対処を行い、それでも状態が改善しないのであれば、修理を念頭に調査を依頼することが必要です。
      一方で、重大なエラーコードが発生する場合でも、実は初歩的なミスが原因となっているケースが存在します。


      フィルターの埃は、本体の表面に溜まりますが、エラーが発生して混乱していれば、意外と見落としがちになります。


      修理に訪れた業者に指摘されて、初めてフィルターの埃に気が付く、といったこともありますから、壊れたと思う前に、給湯器の本体を観察することが大切です。
      埃と同様に、初めて給湯器の問題に直面した人が見落としがちなのは、ガスの元栓や点火装置の一時停止が挙げられます。


      ガスは安全性を確保する目的で、元栓が取り付けられていますから、ここが閉じていれば点火しなくなって、一見すると故障したように見えるでしょう。

      また、強風が入り込む等して、点火装置が一時停止状態になった場合も、点火が行なわれず故障したように見えます。これらのケースは、電気式であれば起きませんから、殆どがガス式に限定される問題です。修理が必要となるのは、初歩的な原因を調べても解決せず、対応方法が残されていない時にあてはまります。埃の蓄積は短期間なら耐えられますが、許容量の限界を超えた後は、小さな塵が本体内部に溜まりやすくなります。内部に入り込む塵は、着火装置の働きを邪魔したり、吸気口を塞いで不完全燃焼を引き起こします。
      他にも、内部腐食を進行させたり、部品の故障を引き起こしますから、小さな埃でも油断しないことが重要です。


      小まめな掃除が行き届き、無理のない使い方を行っていれば、部品が寿命を迎えない限り、突然壊れる可確率は低下します。

      何時も通りにお湯が出ない、あるいは突然供給が止まった場合は、原因を一つずつ調べ、それから故障と判断することがポイントです。本体の寿命は、10年が超えられるように設計されているので、滅多なことでは簡単に壊れません。

      しかし、寿命が近付いたり、10年を過ぎれば壊れやすくなりますから、故障の可能性を念頭に置いて、使用を心掛けることが必要となります。











      http://t.news.goo.ne.jp/news/2657777

      http://www.tokyo-np.co.jp/feature/tohokujisin/archive/setuden/list/CK2011062702000080.html

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7352002.html

  • 関連リンク