給湯器の取り替え時期

  • 給湯器の工事について

    • 給湯器が壊れてしまうと、お風呂を沸かすことや温水の供給、さらに温水暖房などができなくなり、生活がしにくくなります。


      一回でも壊れてしまうと、生活の重要な部分ができなくなり、とても不都合です。なので壊れてしまったり、調子が悪くなったりしたら、すぐにでも直さなければいけないです。取り付けは、配管工事をしなければいけないです。

      給湯器は家に取りこまれた水道や浴槽、温水床暖房などに繋がっているので、交換する時には新しい給湯器に合わせた配管工事を行う必要があります。それほど壊れていなければ、そのものを修理して付け直すこともできますが、大きく壊れている部分があると全体を交換します。状況によっては、大きな工事をする場合もあります。
      作業にかかる時間は、配管の取り替えをしない簡単な作業なら1時間程度で終わります。古いものを取り外したり、新しい給湯器を取り付けたり、浴室やキッチンのリモコンの取り付けなどをします。

      リモコンの取り付けの作業は屋内で行う必要があるので、交換の時には立会いが必要です。


      普通の修理の時には専門の業者に依頼しなければいけないのですが、あまりお金をかけたくない人は自分ですることもできます。自分で取り付けをする時には、資格が必要になります。電気工事士やガス設備士などの資格です。
      自分で修理をすればお金はかかりませんが、全て自己責任です。


      状況によっては、近くや隣の家の被害などの危険性も考えなければいけませんので、修理をする場合は注意した方がいいです。

      壊れてしまった場合には、修理をするか交換するか迷いますが、新しいものだったら買い換えるよりも修理をした方が得です。

      メーカー保証やメンテナンス保証などがあったり、購入したお店によっては5年から10年くらいの長い修理保証を受けられる場合があります。なので、購入する時にメーカー保証やメンテナンス保証などがある業者を選んでおくと、修理費用をかけずに修理することができます。

      買い替えを考える前に保証について把握しておくといいです。

      古いものが壊れてしまったら、ほとんどの場合に買い替えが必要です。

      古くなってくると、熱効率が下がってきます。

      古いものを買い替えることで、電気代やガス代などを節約することもできます。
      給湯器からお湯が出ないと、買い替えを急いでしまいますが、故障したと決めつける前にリモコンに表示されるエラーコードを確認するといいです。

      表示されるエラーコードによっては、簡単な確認とリセット操作だけで直せることもあります。故障と決めつける前に取扱説明書を確認してみた方がいいです。


      多くの業者は10年を目安に使用期間を設定しています。なので、10年を過ぎ始めると一度見直しを考えてみるといいです。
      費用は、購入したものや設置工事の違いによってさまざまです。

      費用を知りたい時には、業者に聞いてみたりすれば教えてもらえます。

      購入の際には、保証内容などを参考にしてみるといいです。











      http://www.mbs.jp/news//kansai/20161223/00000040.shtml

      http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221108

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7352002.html

  • 関連リンク

    • ガスコンロは毎日のように使用する人が多いです。コンロの汚れは日々蓄積していき掃除をしないといけません。...

    • 墨出しとは、建築工事で、仕上げ工事前に建物の柱の中心線や壁・床の仕上げ面の位置など、工事の基準となる線を構造体にしるすことで、一般的には、大工が墨壷を用いて墨で表示することから、墨出しといわれています。墨出し作業は、ドアを取り付けたり、電気工がコンセントを取り付けたりと、多くの職人が作業するために必要なものですから、失敗の許されない仕事です。...