給湯器の取り替え時期

  • スケール除去について〜スケールの正体、方法など

    • 私たちの生活に欠かすことができない水には、様々な成分が含まれています。その成分であるカルシウムやマグネシウムなどが設備に付着してしまっているのがスケールです。
      発生したスケールをそのまま放置しておくと、様々な影響が出てくる恐れがあります。

      たとえば水道管がスケールよって詰まってしまったり、それによってその先のボイラーやポンプが故障する原因になることもあります。
      さらにこうしたことが原因で、水道、光熱費がかさむことも考えられます。

      一般家庭においては勿論のこと、こうした設備の規模が大きい工場などにおいては、スケールが原因で各種コストが高額になると言うのも、決してありえない話ではありません。
      スケールは水道管内部に発生するものですから、外側から見ることは難しいです。
      ただし以下のような現象が見られた場合には、できるだけ早急に業者の点検を受けるのが望ましいです。

      まずは水道管が詰まりやすくなると言う現象です。


      それから蛇口に白いものが付着している、あるいは水道管から出した水に白いものが浮いていると言うのも要注意です。


      また水道代や光熱費が急に高くなったと言う場合にも、スケールを疑った方が良いです。

      発生してしまったスケールは、然るべき方法で除去することが可能です。
      スケール除去の方法としては、専用の薬剤を使用するのが一般的です。

      ただしスケール除去のために薬剤を使用する場合には、発生したスケールの主成分が何なのか、カルシウムなのかシリカなのか、それ以外の物質なのかと言うことを、ある程度は把握しておく必要があります。これは薬剤によって、どの成分に効力を発揮するのかと言う点が異なるためです。


      カルシウムのスケール除去に関しては、酸性の洗浄剤が有効です。
      塩酸やスルファミン酸が主成分であるものがこれら該当します。

      トイレに使用する尿石除去剤も効果的ですが、これを尿石除去以外の目的で使用するのはおすすめされません。酸性のスケール除去専用の液剤でスケールを中和して、柔らかく溶けたところを拭き取ると言うのが一般的な方法です。


      対してシリカが主な原因となってできたスケールです。

      シリカは、薬剤に強い耐性を持っています。

      そのため酸性が主成分の除去剤でも、そう簡単には溶かすことができない、落とすことができないと言う特徴があります。
      ただし、フッ化水素酸と言う成分はシリカスケールに対しても効力を発揮します。

      ところがフッ化水素酸は、シリカスケールが付着している鏡や水道管にまでダメージを与える可能性がある成分です。
      つまりそれだけ、成分としての力が強いと言うことです。よって安全にシリカスケールを除去するためには、研磨をすると言う方法が一般的です。

      専用の研磨パッドなどで、付着してしまったスケールを削り落としていくと言う具合です。
      スケール除去に関しては、ある程度までは自力で行うことが可能です。

      業務用の除去剤などを使用すれば、より高い効果も期待できます。ただし一度は、業者に相談をした方が、より安全に対策を取ることができます。











      http://news.goo.ne.jp/article/forbesjapan/business/forbesjapan-13619.html

      https://allabout.co.jp/gm/gc/54094/2/

      http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n5550

  • 関連リンク

    • 私たちの生活に欠かすことができない水には、様々な成分が含まれています。その成分であるカルシウムやマグネシウムなどが設備に付着してしまっているのがスケールです。...

    • 給湯器が壊れてしまうと、お風呂を沸かすことや温水の供給、さらに温水暖房などができなくなり、生活がしにくくなります。一回でも壊れてしまうと、生活の重要な部分ができなくなり、とても不都合です。...