給湯器の取り替え時期

  • 赤外線を使った非破壊検査のメリット

    • 非破壊検査は、工業材料や製品の欠陥の有無を、破壊せずに検査する方法で、構造物の制作に使用される材料の品質や、加工技術とともに、検査法は日々進歩しています。

      材料や製品に欠陥があるかどうかを現物について調べて、要求される機能を安全に果たせるかどうかを検査する必要がありますが、その際、製品を破壊するような検査方法では意味がないため、非破壊検査の需要は高まっています。



      非破壊検査では、電気や時期、放射線、音波、光、熱、赤外線などの物理的エネルギーなどが用いられ、物質内に存在する欠陥の性状との相互関係の解明が可能です。

      非破壊検査は、物を壊さずに内部に存在する傷などを調べる技術で、放射線透過試験や超音波探傷試験、浸透探傷試験、磁粉探傷試験、赤外線などがあります。



      放射線透過試験は、人体のX線写真と同じように、構造物にX線を透過させて、金属の内部にある傷の有無を調べる方法で、被曝の危険もありますから、厳重な管理のもとに撮影を行う必要がありますが、記録を確実に残すことができるため、建設時の検査に広くしようされています。
      超音波探傷試験は、人間の耳では聞き取ることができない超音波を利用した試験で、高い周波数の音域で物質中を直進して、異物で反射する性質を利用したものです。
      金属内部の傷を検出することができ、新しい技術がもっとも活発な方法といえます。

      浸透探傷試験は、金属の表面にある割れなどをみつける検査で、スポンジのような多孔質の表面以外なら適用可能となっています。



      大きな装置を必要としないため、あらゆる現場で使われている方法です。

      磁粉探傷試験は、金属の表面に電磁石をあてて、磁界を金属の表面に発生させて、傷を見つけていく方法で、表面に開口していない傷でも検出することは可能です。

      赤外線をつかった検査は、先進的な検査方法で、建物の状態を視覚化して把握することができ、打診調査や超音波検査と併用していくことで、より精密に欠陥を見つけることができます。



      赤外線による検査は、仮設足場の設置が必要ない場合が多く、調査や診断は、通常通りに建物を使用したまま実施することができますから、影響を最小限に抑えることができます。



      最近では、ドローンを活用して、赤外線サーモグラフィとの組み合わせによって、さらに幅広い分野での活用が期待されています。



      外壁のタイルなどの剥離や浮きを調査する時には、従来なら全面的なハンマーによる打診が行われていましたが、サーモグラフィを使用して、建物の構造やダメージなどを、短時間で診断することができます。


      特殊建築物や昇降機などの所有者は、建築基準法に基づいて、定期的に検査を行う必要があります。



      特殊建築物などの構造やダメージを短時間で実施することができ、しかも低コストで行うことができるのがメリットといえます。従来の打診法に比べると、短時間で正確な診断が行え、段取りなども特に必要がなく、作業はスムーズに対処できます。



  • 関連リンク

    • 給湯器が壊れてしまうと、お風呂を沸かすことや温水の供給、さらに温水暖房などができなくなり、生活がしにくくなります。一回でも壊れてしまうと、生活の重要な部分ができなくなり、とても不都合です。...

    • ガスコンロは、毎日の処理に使う場所なのでどうしても汚れがつきやすく劣化も早くなるものです。そのためにも日頃からこまめな手入れを行うことが必要です。...