給湯器の取り替え時期

  • ガスコンロの掃除を上手にするには

    • ガスコンロは毎日のように使用する人が多いです。


      コンロの汚れは日々蓄積していき掃除をしないといけません。
      ではコンロの掃除はどのようにすればいいのでしょうか。
      まずは、コンロの汚れの種類について知りましょう。



      先に挙げるのは食品汚れです。



      食品がこぼれた時の汁や、こぼれ落ちた調味料などで汚れが付きます。付いてからすぐなら水拭きでも落ちやすいのですが、しばらく放置しておくと器具が変色、変質してしまいます。
      こびりつきも発生します。



      次に焦げ付きです。


      食品の吹きこぼれなどで煮汁や油が熱の影響で炭化したものです。長い時間放置しているとみられるものです。

      このようになった時にはへラを使いこそげ落とす事も出来ますし、洗剤を加えるなどをしたら落とす事ができます。

      最後に油汚れです。

      料理している時に飛び散ってしまう油や油煙の汚れの事です。コンロを使うとどうしてもできる汚れです。



      その都度に水拭きなどをすれば問題ないのですが、それも忙しいですし、面倒なのでしない人も多いです。



      しかし、放置しておけば油汚れが積み重なるとこびりつき状態になってしまいます。さて、油汚れを落とす事は大変です。

      ガスコンロで頻繁に起こる油汚れは本当は、付いた後にすぐに対処できるならば、水拭きでも落とす事ができるのです。


      でも、少しずつでも油汚れは積み重なっていきます。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/405434/

      気が付いたらギトギトの油汚れがコンロにこびりつきます。
      油汚れが頑固なのはどうしてかと言うと、付着した油が長い時間空気に触れる事で、酸化して、樹脂化していくからです。


      油汚れは酸性体質になります。

      アルカリ性の洗剤を使うと効果的に落とす事ができます。
      酸性に対してアルカリ性を用いる事により中和するので汚れを落とす事ができるのです。では、ガスコンロの汚れを簡単に落とす事ができる裏技を紹介します。まずはガスコンロにキッチンペーパーを敷きましょう。

      http://smany.jp/7681

      そしてその上から中性洗剤を吹きかけます。
      全体的に行き渡ったら、その上からラップをかけます。
      さらに、ラップの上からドライヤーを当てて熱を加えます。
      油が浮き上がってくるのが見えてくるので、キッチンペーパーやラップを剥がしてから、ふきんなどを使い水拭きします。このようなやり方により油汚れを綺麗に落とす事ができます。
      ちなみにコンロを掃除する時には冬よりも夏の方が適しています。

      理由は油の性質によるものですが、油は熱を加えると簡単に落とす事ができるからです。


      夏の高温により油が自然と緩むためです。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7944424.html

      そのため掃除した時に油汚れが落としやすいのです。

      ちなみにどうしても油汚れが落ちにくい時には、最終兵器として超強力な洗剤を使うのもいいでしょう。


      油汚れがガンコでどうしても落ちない時には協力洗剤を利用します。ガスコンロの掃除を普段からこまめにするのは大変な事です。
      仕事なども忙しいですし、家に帰ってきたら仕事の疲れを癒したいので、どうしても掃除も手を抜いてしまうものです。


      ある程度、汚れが蓄積されるのは仕方ないにしても、できるだけ早い段階で効率的に掃除をしましょう。

  • 関連リンク

    • どの家庭にもある給湯器は、突然思い掛けない故障が発生したり、急に使えなくなることがあります。状態によっては、騙し騙し使えることもありますが、通常は時間と共に悪化するので、直ぐに使用を中止して、修理を依頼した方が良いでしょう。...

    • 墨出しとは、建築工事で、仕上げ工事前に建物の柱の中心線や壁・床の仕上げ面の位置など、工事の基準となる線を構造体にしるすことで、一般的には、大工が墨壷を用いて墨で表示することから、墨出しといわれています。墨出し作業は、ドアを取り付けたり、電気工がコンセントを取り付けたりと、多くの職人が作業するために必要なものですから、失敗の許されない仕事です。...