給湯器の取り替え時期

  • 故障した給湯器の修理を依頼する時のポイント

    • 毎日何気なく入っているバスタイムは一日の疲れを癒す憩いの場にもなります。その大切なバスタイムを壊してしまう様なことが起こったら誰でも慌ててしまうことになります。
      シャワーでお湯を出している時に、突然お湯から水になってしまったらビックリしてしまいます。

      一瞬どうしたのか分からなくなってしまう人もいます。

      そうです。
      給湯器が故障をしてしまったのです。
      こんな時は一体どうしたら良いのでしょうか。

      この様な時は、慌てないで落ち着く様にしなくてはいけません。
      もしかしたら故障ではないのかもしれません。

      ちょっとしたことが原因で給湯器の接触などが悪くなっているだけかもしれないからです。

      まず、次の事を確かめるようにします。

      電気コードが外れていないかを確かめましょう。
      ガス栓や給水栓が閉じてしまっていないか見てみましょう。
      もしかしたらリモコンにエラーが表示されているかもしれませんエラーコードが出ていた場合は電源を入れな直したりすると正常に戻ったりします。

      お風呂の追い炊きが出来なくなってしまった時は、浴槽のフィルターの汚れのために追い炊きが出来なくなってしまっていることがあるので髪の毛や汚れで詰まっていないかを確かめるようにして下さい。
      フィルターにゴミなどが詰まってしまっている時や電気コードなどの接触不良などは自分で直せる不具合の場合が多いので必ず自分の目で見て点検をする様にしましょう。

      この様に自分で出来る範囲の点検などをやっても正常に戻らない時や水漏れを起こしている場合やガスのニオイがする様な場合は、素人の手ではどうにもならないので、専門業者やメーカーに修理を依頼することになります。ここで慌てて何も確かめずに修理を依頼してしまうと悪い業者に頼んでしまう場合があります。

      その様な業者に頼んでしまうとトラブルがさらにひどくなってしまう時があるので、専門業者に修理を依頼する時のポイントをお話します。ポイントとしては、24時間365日いつでも対応してくれ、アフターケアもしっかりしている業者を選ばなければいけません。給湯器のトラブルは夜間に入浴中に起こることが多いので、その様な時すぐに来てくれ対応してもらえないと困ってしまいます。


      また、業者の評価もインターネットなどでしっかり調べておきましょう。
      良い評価の業者を選ぶと失敗を防ぐことが実績のある業者だと判断することが出来ます。

      また、修理の見積もりをしっかり出してもらうことも大切です。
      この時、費用にばかり気を取られがちですが、費用と実績の両面から考えて依頼することが必要です。
      最後に、故障してしまう前にその前兆うに気付くことが出来ると慌てないですみます。
      前兆には、シャワーを使っている時の温度が一定していなかったり、お湯が水になってしまう、お風呂が一杯になるまでの時間が多くなった、給湯器から変な音がしてくる、などがあります。給湯器の寿命は約10年位なので、古い場合は修理ではなく交換する方が良い時もあります。











      http://news.goo.ne.jp/article/thepage/business/thepage-20161201-00000005-wordleaf.html

      https://matome.naver.jp/odai/2145326547863001001

      http://t.news.goo.ne.jp/news/2657777

  • 関連リンク

    • ガスコンロは、毎日の処理に使う場所なのでどうしても汚れがつきやすく劣化も早くなるものです。そのためにも日頃からこまめな手入れを行うことが必要です。...

    • ガスコンロを買う場合どのようにして選ぶといいのでしょうか。まずガステーブルの大きさに合わせて買うことが大事ですがぴったりのサイズのものを選ぶことをおすすめします、テーブルのサイズとガスコンロの幅が同じだと万が一置けなかった時に困るので少し小さいサイズのものを買ったほうがいいと思う人もいるかもしれませんが、少し小さいサイズにしてしまうと隙間にゴミやカスがたまってしまいますし見た目にもおさまりが悪いのでおすすめしません。...