給湯器の取り替え時期

  • 物づくり技術の板金加工

    • 叩いて形を作る板金は、高温で溶かしたり、型に入れるのとは全く異なる技術です。



      一般的な金属加工は、鋳型に溶かし入れて作る鋳造と、加熱して叩く鍛造の二種類があります。
      前者の鋳造は、同一の形状を沢山製造する時に最適で、金属加工の方法の一つとして活用されています。


      後者の方は、板金加工には似ているものの、加熱する工程の有無が根本的に異なります。



      金属は、加熱してから叩いて圧力を加えると、硬度が増して曲がりにくくなる性質があります。しかし、逆に弾力性が損なわれたり、歪が内部に残留しやすくなるので、高度な加工技術が求められるといえるでしょう。板金と鍛造の違いは、端的に言えば加熱するか否かで、その特徴や性質に現れています。常温で叩く利点は、加熱する手間や設備が不要で、繊細に形状を作り出せる点にあります。



      これはつまり、既に完成している形状の修正であったり、微妙な形作りが求められる、そういった場合に役立つことを意味します。

      加工に必要なのは、叩く道具と技術だけなので、一見では誰でも簡単に行えると思いがちです。所が実際は、途切れない集中力であったり、繊細な力加減を必要とするので、誰にでも始めから出来るものではありません。そればかりか、むしろ経験者は職人として重宝される程ですから、如何に奥深く高度であるかが分かります。
      板金といえば、車の変形に関する修理が有名で、叩いて直す技術が活かされています。

      例えば、平らな鉄板を曲げて戻すと分かりますが、ただ単に平面に戻すだけでは、歪みが残って再変形しやすくなります。



      職人技の板金加工は、見た目だけ元に戻すのとは違い、見えない歪みを減らすことも可能です。
      綺麗に直された金属は、視覚的に歪みがないと確認出来るのは勿論、指で触っても凹凸や波打ちが感じられなくなります。素人的には、叩いて見た目に違和感がなくなれば、それで修正は完了したと判断するでしょう。

      逆に、職人は見た目に惑わされず、微妙な力加減と光の反射具合を見て、総合的に現在の形状を判断します。



      経験豊富な職人は、機械でしか測定出来ない程、精密な形状を作り出すことが出来ます。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/194501/2/

      単純な局面状の板でも、素人と職人が加工するのでは、仕上がりに雲泥の差があります。

      https://matome.naver.jp/odai/2142878856999376101

      職人の能力は、主に車の修理で活かされていますが、一方では機械で加工することが難しい、技術的な高いハードルを越える為にも活用されます。
      町工場で磨き上げられた技術は、時に最先端の機械よりも正確で、場合によっては機械加工が不可能に思える物すら、希望通りに作り上げてしまうのが驚きです。
      叩いて形を作る方法ですが、金属加工においては基本中の基本で、人類史が始まって以来から行なわれています。
      原始的ともいえるやり方でも、極めると代えが利かない技術となって、物づくりの現場を支える技術に結び付きます。


      技術の凄さを目の当たりにしたり、実際に確認した場合は、車を修理に出して、凹んだ部分を元に戻してもらう方法がおすすめです。

      https://news.nifty.com/article/world/china/rcdc-138029/

  • 関連リンク

    • 熱を得る方法にはいくつかの種類がありますが、熱を得るには多くのエネルギーを消費することになります。このため消費されるエネルギーを少なくし効率よく熱を取り出す方法が開発されていますが、そのひとつがヒートポンプと呼ばれる方法です。...

    • 趣味で無線機器やパソコンなどの電子機器組立を行っておられる方なら、その組み立て構成は理解されていますが、一般の方には、この構成も余り知られていません。この電子機器は、デザインを考慮し、マンマシーンインターフェースであるスイッチやボリュームやタッチパネルを設けたハウジングで覆われ、その中に機能や性能を発揮するのに必要な半導体や電子部品を搭載して構成された電子基板が設置され、コネクターとリード線でマンマシーンインターフェースとの間などが電気的に接続され構成されています。...