給湯器の取り替え時期

  • メーカーでの電子機器組立の変化

    • 趣味で無線機器やパソコンなどの電子機器組立を行っておられる方なら、その組み立て構成は理解されていますが、一般の方には、この構成も余り知られていません。


      この電子機器は、デザインを考慮し、マンマシーンインターフェースであるスイッチやボリュームやタッチパネルを設けたハウジングで覆われ、その中に機能や性能を発揮するのに必要な半導体や電子部品を搭載して構成された電子基板が設置され、コネクターとリード線でマンマシーンインターフェースとの間などが電気的に接続され構成されています。
      エンジニアによって設計されたこうした電子機器は、50年前にはプリント基板への半導体や電子部品の搭載、半田付けやハウジングへの収納組み立て等のすべてが、ベルトコンベアで多くの作業員の手による流れ作業で行われていました。

      それがやがて半導体や電子部品のプリント基板への搭載、半田付けは実装機等により自動化され、最後のハウジング部分の組み立てのみがベルトコンベアーの流れ作業としての残るスタイルに変化しました。

      組立方式は、フォード方式とも呼ばれるベルトコンベアーによる流れ作業が最も効率良いとされて来ました。
      それが、車業界のみならず電機業界や様々な大量生産において行われて来たのです。

      しかし、最近では電子機器組立の最終組み込み作業は流れ作業から、1人屋台方式と呼ばれる組立方式に変化してきました。

      これは、1人の作業員の周囲に必要な部品や工具を手の届く範囲に置き、何工程をも一人の作業員によって行うと言う方式です。
      一見、この方式は流れ作業に比べて非効率な様に思われますが、比較検討すれば作業効率が良いのです。

      作業する人は、流れ作業では単に歯車の様な仕事となりますが、この1人屋台方式では責任が重くなり、習熟も必要です。

      しかし、この事が作業員のモラルを高め、流れ作業で発生しがちな待ち時間のロスがない事と合わせて作業効率がアップするのです。
      電子機器組立は、労務費の安さを求めて中国や東南アジアの人件費の安い国に海外移転されてきましたが、最近では組立てを国内に戻し、この1人屋台方式を採っている企業が増えているのです。

      国内の需要は、成熟化によって多様化し、こうした多様化したニーズを満たす商品を短時間で開発設計し、生産して消費者に届ける必要性がメーカーとして重要となり、国内かいと共に、組立て機種の変更が容易な1人屋台方式が広まったのです。

      電子機器メーカーで製造担当と言えば、流れ作業をイメージされているかも知れませんが、現在ではそうした方式はほとんどなく、実装機や半田付け機等のオペレーターやマシンキーパー、または1人屋台での電子機器組立等の工程を担うのが一般的です。
      こうした変化は、製造担当者の品質に対する責任を重くしていますが、一方でベルトコンベアーでもくもくと定められて単純作業を繰り返す仕事ではなく、大きなやりがいと自己成長目標を見出せる仕事に変化して来たのです。











      https://matome.naver.jp/odai/2131061384508581301/2134542636037624003

      http://okwave.jp/qa/q5029729.html

      http://smany.jp/8241

  • 関連リンク

    • ガスコンロは、毎日の処理に使う場所なのでどうしても汚れがつきやすく劣化も早くなるものです。そのためにも日頃からこまめな手入れを行うことが必要です。...

    • 趣味で無線機器やパソコンなどの電子機器組立を行っておられる方なら、その組み立て構成は理解されていますが、一般の方には、この構成も余り知られていません。この電子機器は、デザインを考慮し、マンマシーンインターフェースであるスイッチやボリュームやタッチパネルを設けたハウジングで覆われ、その中に機能や性能を発揮するのに必要な半導体や電子部品を搭載して構成された電子基板が設置され、コネクターとリード線でマンマシーンインターフェースとの間などが電気的に接続され構成されています。...