給湯器の取り替え時期

  • 給湯器の取り替え時期

    • 給湯器にもいくつか種類があります。
      これまでは台所などですぐにお湯を使うことができるようにする小型瞬間湯沸かし器がよく利用されていましたが、これは手軽ではありますがそこでしかお湯を使うことができず、不完全燃焼を起こす危険性があるために今ではほとんど使用されなくなりました。
      最近の給湯器は家の外に取り付けられているタイプものが多く、戸建てやマンションなどの壁やベランダなどに取り付けられて、1台でキッチンやシャワーなどの給湯とお風呂の湯沸し機能を備えたものが使用されています。

      これは能力によってお湯を供給できる量が決まっていて、お湯を1分間に24リットル出せるものは24号ということになります。台所だけでなく洗面台やお風呂でも使用することができ、24号のという号数であればシャワーも台所でも同時にお湯を使用することができます。
      最近の給湯器はとても便利でリモコンで自動的にお風呂のお湯をはったり、シャワーや給湯のお湯の温度を調整することができるのです。


      このように便利で快適な生活に必要なのですが、長く使用すると故障することも多くなってきます。


      例えばお湯の温度にムラがでてきたり、お湯が急に水になったり、点火しなかったりすることが多くなってきます。


      このような故障が起こるようになれば取り替えが必要になってきます。


      できればこのような故障が起こる前に取り替えをしておく方が急にお湯が使えないなどのトラブルと避けることができます。

      基本的には使用年数によって故障しやすくなるため10年使用すると交換をするほうが良いということになります。

      故障してから交換をするとなると生活にも支障が出ることにもなり10年以上使用するとかなり長持ちしていることになります。


      給湯器の取り替えは基本的に今使用しているものと同じタイプ、号数のものへと交換します。

      取り付け方法など種類がいくつかあり今取り付けられているものと同じものにします。
      マンションなどは取り付けられるタイプが決まっていてサイズや形状などによって取り付けできないこともあります。
      交換をする場合はどのようなタイプ、号数にすればよいのか、費用なども含めて業者へ依頼する方法となります。
      自分では交換することはできないため、インターネットなどで業者を検索したり見積もりをとることができます。このように普段あたりまえのように利用することができている給湯器ですが、故障してしまうととても困ってしまうものです。

      正常に機能して当たり前の機器ということにもなりますが、どうしても経過年数によって劣化することもあり故障などが発生するのです。
      故障してからでは遅いので、できれば10年といった期間であらかじめ取り替えをするほうがよいということになります。


      メーカーや種類、号数などどのようなタイプを取り付けていいのか、機能的にも知りたいことがあれば事前に業者へ問い合わせをして確認してから取り替えを行うことです。











      http://smany.jp/8221

      http://news.mynavi.jp/articles/2016/09/28/tokyuhandsmoving/

      http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n122446

  • 関連リンク

    • ガスコンロは、毎日の処理に使う場所なのでどうしても汚れがつきやすく劣化も早くなるものです。そのためにも日頃からこまめな手入れを行うことが必要です。...

    • どの家庭にもある給湯器は、突然思い掛けない故障が発生したり、急に使えなくなることがあります。状態によっては、騙し騙し使えることもありますが、通常は時間と共に悪化するので、直ぐに使用を中止して、修理を依頼した方が良いでしょう。...